引きこもりニートだって生きていたい...

引きこもりやニートは生きる資格がないのだろうか...

私はもう外で働きたくはない...中年引きこもりニート

 

シリウスです。

 

もう何年も外で働いていません。

 

最後には働いたのはいつだったのかすら思い出せない.....

 

でもこれは私に限った事ではなく、日本全体を見渡せば、結構な数の方がいると思われます。

 

何万人、いや何十万人もいるかもですね。

 

確か、日本にはニートとハッキリ呼ばれている人達が71万人以上(2017年時点で)いるそうですし。

 

しかもこのニートっていう定義が曲者なんですよ。

15歳~34歳までなんですよ。ニートって。

35歳以上の人はニートでもニートにカウントされてないんですよね。

 

だから実際はニートは100万人以上は存在しているのは間違いないでしょう。

 

.....

 

私はもう、外で働きたくありません。

 

でもそれは怠けたい!という意味ではないです。

 

外で働ける自信が全くない。辛い、シンドイっていう意味です。

 

これは自分が働きたくないから言うわけではないですが...

 

昔に比べて機械化どころかAI化が進んできています。

なのに、昔のように同じ時間働く必要が本当にあるのでしょうか?

 

もっと仕事も楽になって働く時間が短くなってもおかしくないのに、どうして働く時間は短くならないんだろう...

 

ふと疑問に思ってしまいました。

 

もっとまったり、みんなが優しい世界になったらいいのに..